自分で会社設立しよう!Let’s起業!【Set up!わが社】
会社設立,助成金

国からの助成金について

会社の設立や経営にはとにかくお金が掛かるものです。特に創業時は仕事も少ない為、しばらくは蓄えを切り崩して経営する覚悟をしなければならないほどです。会社設立から経営が軌道に乗るまでの心強い手助けになってくれる、国からの助成金について紹介していきます。

国からの助成金について 〜 国からの支援を受けよう

法律の改正によって金銭面のハードルが下がった現在でも、会社設立には纏まったお金が必要なものです。

会社の設立・経営に理解のある出資者が付いているのが理想的といえますが、現実はそう上手くいくものではありません。そんな悩める会社経営者を助けてくれるのが、国からの助成金なのです。

国が助成金を出す理由

助成金は国が直接的または間接的に社会全体の利益となる事業などに対して給付する補助金のことです。

民間の会社に助成金を給付することは、会社が参加している市場を活発化させ市場の拡大をもたらし、引いては経済全体への波及効果を狙うのが目的といえます。

市場経済は、参入者が多ければ多いほど競争が活発になり更なる成長や新規技術・製品の開発の弾みが期待できるものです。経済の成長を促すことは、税収のアップにも繋がり国にとって必要不可欠な出費となっているのです。

会社に対する助成金一覧

国からの助成金は貸付金ではなく給付金なので返済義務はなく、利用しない手は無い制度といえます。どのような助成金が会社設立・経営に際して給付されるのかを紹介していきます。

受給資格者創業支援助成金

受給資格者創業支援助成金は、雇用保険の受給資格者が会社設立して創業後一年以内に雇用保険適用事業の事業主になった場合、創業費用の一部を助成金として受け取れる制度です。

この場合の受給資格者は「雇用保険の基本手当の算定基礎期間が5年以上」となっているなど、有意義ではあるが条件がシビアな助成金といえます。

高年齢者等共同就業機会創出助成金

高年齢者等共同就業機会創出助成金は、45歳以上の高齢創業者三人以上で会社設立を行った場合に給付される助成金です。リストラなどで独立開業を余儀なくされた場合には非常に頼りになる助成金といえます。

地方再生中小企業創業助成金

地方再生中小企業創業助成金は、就職難に陥りやすい地方で中小規模の会社を設立し65歳未満の就業希望者を雇用した場合に給付される助成金です。雇用情勢が改善しにくい地方でのみの制度ですが、一定期間就業した雇用者の人数に応じて奨励金も給付されるのが魅力的です。

中小企業基盤人材確保助成金

中小企業基盤人材確保助成金は、会社の設立や新分野への進出にともない技術・経験の豊富な経験者や係長以上の管理職経験者などの会社経営を支える「基盤人材」を新たに雇い入れた場合に給付される助成金です。

トライアル雇用奨励金

トライアル雇用奨励金は、ハローワークが提唱する「トライアル雇用制度」に則った雇用計画を申請した会社に給付される助成金です。トライアル雇用は、試用雇用期間をおいて正雇用への判断材料にする雇用制度で、雇用情勢の改善を目的としています。

助成金を受けるには?

会社に対して給付される助成金には、ハローワークや労働基準監督署などの監督省庁である厚生労働省から給付されるものと経済産業省から給付されるものの二種類に大別されます。

経済産業省の助成金は技術開発の促進の為のもので給付条件も厳しく制限されており、一般的には会社設立に関係する厚生労働省からの助成金がメインとなっています。

助成金の申請については、ハローワークの企業用窓口や厚生労働省のホームページを利用するなどして事前に調べておくと良いでしょう。

  • <会社設立の基礎知識>設立の意味と目的・手続き・費用・資本金など
  • <会社の設立に関わる法律>会社法・商法・商業登記方など
  • <会社の円滑な運営に不可欠な仕組み>就業規則・福利厚生・昇進/昇級など
  • <会社設立コラム>売却利点・子会社・助成金・リストラなど