自分で会社設立しよう!Let’s起業!【Set up!わが社】
会社設立,会社法

会社法

法律というものは社会を円滑に運営していく上で重要なものとなる規範です。可能な限り全ての人を平等にすることこそが法の精神と言うもので、法から逸脱することを許さないのが遵法精神なのです。ここでは、会社組織を社会に参加させるための基本となる会社法について解説してきます。

会社法 〜 会社を成立させるための法律

会社設立すると言うことは、巨額のお金と多くの人員が動く組織を作ると言うことです。

そのため、会社が効率的に動く仕組みを設立時から備えていなければ経済や雇用情勢に喪大きな打撃を与える結果を招いてしまう恐れがあります。そのため、行政側が市場経済を守る為にも、「会社法」と言う形で会社の設立についての法整備を行う必要があるのです。

会社法の成立について

日本の会社法は2006年から施行された、新しい法律の一つです。2005年に交付されるまでは商法を中心にして有限会社法・商法特例法などで会社に対する法整備が行われていました。

しかし、急変し続ける社会情勢と長引く不景気などで、高度経済成長期からバブル経済まで有効だったやり方が通用しなくなり、ベンチャー企業の増加などに対応する為新法の制定による対応が必要になったと言うわけです。

会社法はどんな法律なのか?

会社法の目的は「会社設立のためにやるべきこと」「会社経営に関する決まり事」を定義し、広く知らしめることであると言えます。何事もルールがある程度決められていなければ新規参入者も継続する者も現れにくくなるからです。会社法はどのような内容が盛り込まれているのでしょうか?

会社の運営形態について

会社法では旧有限会社法で規定されていた有限会社を廃止し、従来の株式会社をより柔軟な形で運用できるように規定されています。これによって株式会社に付き物だった取締役の設置が自由になり、有限会社のような運営が出来るようになっています。

会社設立に関する項目について

会社設立については、商行為を扱う商法第二編で規定されていましたが商法自体が1899年(明治32年)に制定されたものなので、現状にそぐわない箇所や条文が古い言葉で記されているなどの問題点がありました。

そのため、会社法では現代の言葉遣いで情勢に見合う会社設立についての条文が盛り込まれています。定款の作成や取締役・監査役の設置、取締役会の開催など株式会社を設立する為の手続きや準備について書かれています。

株式・社債などの投資について

株式会社は資本金を株式として市場に販売して投資家から資本を集めています。会社は株主に対して株式の取得数に応じた配当金を利益の中から支払う必要があります。会社法では、この株主に対する配当金や会社の名義で発行される社債などについて規定されています。

株式取引を通じた会社合併について

発行済み株式の過半数を取得することによって、株式の発行元である会社の経営権を取得する手法を「M&A」と言います。

M&Aには、対象となる会社が持つ技術などが欲しいなどの発展目的で行われる場合と、対象の会社自体を商品として株式取得に掛かった額より高く売ろうとする投機目的で行われる場合があります。

会社法では投機目的でのM&Aを抑制するための仕組みを用意し、社会的損失・経済的損失の予防に努めています。

  • <会社設立の基礎知識>設立の意味と目的・手続き・費用・資本金など
  • <会社の設立に関わる法律>会社法・商法・商業登記方など
  • <会社の円滑な運営に不可欠な仕組み>就業規則・福利厚生・昇進/昇級など
  • <会社設立コラム>売却利点・子会社・助成金・リストラなど

関連リンク