自分で会社設立しよう!Let’s起業!【Set up!わが社】
会社 種類

会社の種類

会社と言う組織は、全てが同じ経緯を経て成立しているわけではありません。創立者が複数であったり、既存の企業が出資者になっていたりというように複雑な経緯を経ていることも少なくありません。こういった経緯の違いによって発生する会社の種類分けについて解説していきます。

会社の種類 〜 有限会社・株式会社・合弁会社…その違いは?

会社を設立するに当たって決めておかなければならないことには、会社の経営方針などを記す定款の中身や会社名となる商号などがありますが、「会社の種類」も忘れてはいけません。会社の種類にはどのような物があるのでしょうか?

株式会社

株式会社は、資本金を株式の形で集めて経営資金として運用する形態を持つ会社のことです。株式には一枚あたりの額面が記されており、必要な資本金の額に達する枚数分だけ発行されます。

株式の取引は株式市場で行われ、場合によっては記載された額面以上または額面以下の価格で取引されます。株式の価格は会社の信用や人気に左右され、時には投機の対象となります。株式を一定数以上保有する株主には経営に参加する権利が与えられ、会社の合併吸収にも関わってきます。

有限会社

2006年の会社法改正で廃止された有限会社は、株式会社と違って小規模の出資によって集められた基本金で設立される形態の会社です。出資者となるのは「有限責任社員」です。

この有限責任とは、「会社全体の負債に対して一定範囲までの責任を負う」というものです。有限会社は最低資本金が株式会社よりも少ないというメリットと規模を拡大しにくいというデメリットを持っています。2006年の法改正以前に有限会だった会社は、現在「特例有限会社」という形態で継続しています。

合弁会社

合弁会社は既存の企業が新たな事業展開を起こす為に合同で立ち上げた会社のことです。合弁会社のメリットは、「吸収合併を伴わない」「技術力などの互いの利点を活かすことが出来る」「万が一の際のリスクを抑えられる」などがあり、より水準の高い事業内容を目指す目的で設立されます。携帯電話のソニー・エリクソンや石油採掘のサハリン2などが代表的な合弁会社です。

合資会社

合資会社は二人以上の有限責任社員と無限責任社員からなる組合に近い形態を持つ会社です。取締役や監査役が不要で設立費用も抑えられるというメリットがあるため多くのIT系ベンチャー企業に利用されてきたと言う経緯があります。

しかし、無限責任社員が負う債務返済などのリスクの高さや法改正による株式会社設立のハードルが低くなったことなどもあって現在は敬遠されがちになっています。

会社の種類がある理由

このように、会社の形態には多くの種類があります。会社の種類が多いのには「リスクのコントロール」が理由の一つになっているものといえます。株式会社は旧会社法の影響もあって社会的信用が高いといえますが、株式公開を行えば他の会社からの株式買い付けによって吸収されるというリスクを持っています。

会社の創立者が責任を負う債務も、場合によっては一人で支えきれないほど巨額になってしまいかねないものです。こういったリスクを抑え、起業をしやすくすることが会社の種類の多さに繋がっているのです。

  • <会社設立の基礎知識>設立の意味と目的・手続き・費用・資本金など
  • <会社の設立に関わる法律>会社法・商法・商業登記方など
  • <会社の円滑な運営に不可欠な仕組み>就業規則・福利厚生・昇進/昇級など
  • <会社設立コラム>売却利点・子会社・助成金・リストラなど