自分で会社設立しよう!Let’s起業!【Set up!わが社】
会社設立 資本金

資本金について

会社を経営していく立場の人には、人格や経営理念などの豊かな内面が求められるものです。しかし、会社設立を実行するに当たっては人格や理念は必要な条件であるとは言えません。設立して事業が軌道に乗るまでの期間、会社を維持する為のお金が重要不可欠なのです。会社を動かす資本金について解説していきます。

資本金について 〜 会社を動かす元手になるお金

会社設立にはとにかくお金が必要になるものです。商業登記申請・定款認証申請や事務所の準備、日用品や事務作業に必要な消耗品、光熱費や通信費など枚挙に暇が無いほどです。

そして会社を経営していく上でも、当座の運転資金となるお金が必要なのです。

資本金とは何か?

会社設立する上で必要になるお金が「資本金」です。資本金は会社名義の財産そのもので、会社の規模の目安となっています。

資本金は、会社の創業者やスポンサーによる出資金を原資としていて、人件費や設備・光熱費などの会社の運営や業務に必要な商材の購入などに利用されます。

特に開設したばかりで仕事の少ない会社は貯金を切り崩して運営する形になるため、資本金が果たす役割は大きなものといえます。

資本金は1円からでOK

資本金は、2006年からの会社法改正によって株式会社・有限会社・合弁会社・合資会社を問わず最低1円からとなっています。2006年以前の会社法では原則として資本金には最低必要額である「最低資本金」が定められており、株式会社で最低1000万円、有限会社で最低300万円必要となっていました。

2003年に「5年以内に最低資本金額まで増資する」という条件のもと資本金1円で会社設立できる「確認会社」が特例で認められるようになり、2006年に最低資本金制度が廃止されるという流れになっています。

資本金は会社設立最初のハードル

資本金に最低必要額が決められていたのは、「会社の乱立を防ぐ」という目的があったからです。市場経済はパイの分配に例えられるように、決して無限ではありません。そのため一つの市場に参入する会社の数が増えれば増えるほど、会社ごとの取り分は小さくなります。

会社の規模が大きくなればその分だけ必要な取り分が大きくなるため、最大手会社が市場ごと共倒れする危険性も増大してしまうのです。最低資本金が廃止されたことで会社設立がしやすくなったといえますが、市場競争がより活発化し新規参入者のふるい落としが激しくなったという側面があります。

資本金を増やす増資のメリットとは?

資本金を増やす増資は、会社の規模や信用に大きく関わるものです。雇った従業員の増加や支社の新設など、規模の拡大にはお金が必要になります。資本金を株券の発行で集める株式会社にとっては、株式の追加発行や東証一部上場といった株式市場での進展が会社への信用の裏づけに繋がっています。

会社法改正によって資本金の増資は義務ではなくなったものの、人材派遣業のように一定額以上の資本金が必要となる職種には重要なものなのです。また、資本金を減資して負債の返済に充てることも可能なので懐に余裕がある内に増資して資産を留保しておくことも一つのやり方です。

  • <会社設立の基礎知識>設立の意味と目的・手続き・費用・資本金など
  • <会社の設立に関わる法律>会社法・商法・商業登記方など
  • <会社の円滑な運営に不可欠な仕組み>就業規則・福利厚生・昇進/昇級など
  • <会社設立コラム>売却利点・子会社・助成金・リストラなど