• <会社設立の基礎知識>設立の意味と目的・手続き・費用・資本金など
  • 【会社設立に必要な手続き】起業に必要な申請方法について
  • 【資本金について】会社を動かす元手になるお金
  • <会社の設立に関わる法律>会社法・商法・商業登記方など
  • 【商法】商売のルールを定めた法律
  • 【廃止された法律】こんな法律が会社を守っていた
  • <会社の円滑な運営に不可欠な仕組み>就業規則・福利厚生・昇進/昇級など
  • 【福利厚生】社員を労わることも会社の努め
  • 【積立金・保険】社員を守る積み立てと保険

  • <会社設立の基礎知識>設立の意味と目的・手続き・費用・資本金など
  • <会社の設立に関わる法律>会社法・商法・商業登記方など
  • <会社の円滑な運営に不可欠な仕組み>就業規則・福利厚生・昇進/昇級など
  • <会社設立コラム>売却利点・子会社・助成金・リストラなど

Set up! わが社

親は子に期待して「人に使われる立場よりも人を使う立場になれ」と発破を掛けたがるものです。しかし、人を使う立場になるのは簡単なことではありません。人を使う立場になる方法の一つは、自分で会社を興すことです。このサイトでは会社設立に必要な知識について解説していきます。

Set up! わが社 〜 自分で会社設立しよう! Let's起業!

「働かざる者食うべからず」という言葉があるように、世間では何か仕事に就いていないと一人前の大人として見做さない風潮があります。

しかし、現代の日本では就職難が何年も続いていて、新卒での就職さえ難しいというのが現状です。そのため、独立起業する人も年々増えています。

今、なぜ「起業」なのか?

現代の日本では、90年代初頭のバブル崩壊からの不景気の影響が尾を引いている状態と言えます。大企業の相次ぐ倒産、終身雇用制の破綻などこれまでの常識を覆すような事態によって就職難の時代が訪れたことは未だ記憶に新しいところです。

昔は「良い大学を出て、良い会社に入る」ことが当然のように言われていたものですが、現在では良い大学を出ても働き口が見つからないということは珍しくもない話です。

そして、現況に愚痴を零さず「働き口が無いのなら自分で作ればいい」と逆に考え突破口を開こうとする人が現れることも珍しくないのです。それが起業を志す人が増えている理由の一つなのです。

会社設立に必要なものとは

起業して会社を設立するとなると、様々なものが必要になります。最初に必要になるのが業務の中心になる事務所に電話番号、机・椅子・パソコンなどの事務用品など会社としての体裁に関わるものです。

そして、会社を法律に従う形で成立させるための諸手続きと申請書類が必要になります。会社を設立した後は、ウェブサイトや広告などの仕事を作るための宣伝が重要になります。

そして、なにより重要なのは家賃や光熱費、人件費などを支払う為の経営資金です。設立当初は蓄えを切り崩して会社経営することになりやすいので、ある程度のお金はどうしても必要になるのです。

雇用者としてするべきこと

設立当初は個人会社であっても、業績を積み重ねるごとに人を雇う余裕が生まれ規模の拡大に弾みがついていきます。

社員が増えていくと自分ひとりで経営していた時よりも多くの仕事が出来るようになりますが、人を雇う立場として会社内の風紀を律し円滑に運営していく責任が発生するのです。

社内での規則や給料計算などの会社運営のための仕組み、休暇や保険といった社員のための仕組みの整備など、やらなければならないことは山のようにあるのです。

会社経営と法律遵守の両立

考え方や立場などが違う多くの人が集まって構成される社会を円滑に動かす為には、万人に対して適用されるルールが必要になります。会社もルールの対象の一つで、経営陣には高い遵法精神が求められる時代となってきています。

しかし、社長という立場になるとどうしたものか気が大きくなるもので、会社の資金を自分の財布と勘違いしたり従業員は「働かせてやってる」物だと公言したりというように、法律に反する考え方を持っている人も少なくないのです。

このような遵法精神に欠けた考え方は周囲に不信感を与え、引いては会社経営の障害になってしまう結果に繋がってしまいます。

  • 【資本金について】会社を動かす元手になるお金
  • 【会社の種類】有限会社・株式会社・合弁会社…その違いは?
  • 【国からの助成金について】国からの支援を受けよう

2010/06/18(金)
会社設立の参考リンクを7件追加いたしました。
2010/06/18(金)
会社設立サイトを開設いたしました。どうぞよろしくお願いいたします。

    投稿がありません。